オペレーション・ディシジョン・サポート - LNG積載日の選択

 年間受渡計画(ADP)、またはスペシフィック・デリバリー・スケジュール(SDS)の現実的な成果においては、予測不可能な天候、ガス田の生産率、液化プラントの信頼性、ダウンストリーム・ガス需要に左右されます。 


一般的に誤解されているのは、すべての積載日に遅延の可能性があるということです。しかしながら、上記の不確実性は正規分布であるため、特定の積載日は遅延または取り消されるリスクがより高くなる事になります。

どのようにすれば小規模のリフターは、ハイリスク積載日を避けることができるのか?

その答えは、P / ADPまたはSDSの不確実性のあるイベントを繰り返し組み込む事により、影響を受けやすい積載日を特定することである-それにより避ける日程となる。つまり、確率論的アプローチを使用する事により、ADPにおいてのストレステスト方法となります。

 

 

 

投資判断サポート

バイヤーは世界中の複数の資産からLNG供給を調達しています。これによりソースリスクは軽減されるが、LNG供給のポートフォリオを最適化しようとすると複雑さが増します。


最適化されたLNG供給ポートフォリオは、高い輸送利用率があり、そして天候や生産の信頼性等から生じる操業上のリスクが低くなければなりません。受入れターミナルに遅れて到着する危険性が最小限のLNG配送スケジュール事を目標としています。


しかしながら、複数の生産資産、地域による天気の不確実性、生産の信頼性、ボイルオフ及び輸送をモデル化することは非常に困難です。バイヤーは、決断を支持するための量的データを供給するツールを必要とします。

幸いなことにLanner LNG Logistics Simulatorは、主要なLNG参加者の現実的な問題を解決するために開発されたモジュールを内蔵しています。

 

これらに含まれるものとして:

  • 既存船を使用しての船団の最適化を最大限にするにはどうすべきか

  • 追加の船舶が配達における信頼性にどのような影響を与えるか

  • 追加の船舶をチャター、または購入するべきか

  • 総需要ADPのボイルオフ損失の価値はどれくらいか

  • グローバル供給ポートフォリオのオペレーショナルリスク総計はどれくらいか 

 

エクイティ・リフティング・ソリューションズは、オーストラリアとシンガポールにおけるLannerの世界有数のシミュレーションエンジン「LNG Logistics Simulator」の流通および実施パートナーです。 LNG Logistics Simulatorは、プロジェクトFEED / FIDフェーズ中にLNGロジスティクスをシミュレーションし、商業運転フェーズ中のADPおよびSDSスケジュールのオペレーショナルリスクを評価するために、世界の大組織で使用されています。 

 

詳細に関しては、Lanner LNG Logistics Simulator製品ページをご覧ください。
 

 LNG供給チェーンのモデリング

© 2018 エクイティ·リフティング·ソリューションズ Equity Lifting Solutions Pty Ltd  |  +61 405 990 999  |  Level 10, 553 Hay Street, Perth WA 6000